トップページ > ローフードとは
ローフードとは

ローフードとは?

最近、なんだか体の調子が良くない。
疲れが取れにくい。
肌荒れが気になる。
ダイエットをしても思ったような効果が表れない。
身体の老化が気になる年齢になってきた...。

ストレス社会と呼ばれる現代で、様々な悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?
また、現在特に不調は感じてはいないが、「将来に向けて何か身体に良いことをしたい」という漠然とした気持ちを抱いている方も多いと思います。

日本ローフード協会では、そんな方々に一つの方法としてローフードを生活に取り入れることを推奨しております。

ローフード【Raw Food】とは?

Raw=生の、Food=食べ物
加熱処理がされていない生の野菜や果物、ナッツ類を指す言葉です。

野菜

生で食べることで熱に弱い植物の酵素やビタミン・ミネラルなどの栄養素を効果的に摂取することができます。
酵素が生きているため、"生きている食べ物"=「リビングフード」と呼ばれることもあります。

酵素とは?

酵素の種類
   外部酵素
     食物酵素…体内で消化を助け、体内の消化酵素の分泌を減らすことができる。

   体内酵素
     消化酵素…食物の刺激で分泌され栄養素を分解する。
     代謝酵素…体のすべての代謝活動に必要不可欠。

消化酵素+代謝酵素=1日に使う量は一定

そのため体内の消化酵素を使えば使うほど、代謝酵素は働かなくなります。

代謝酵素に十分に働いてもらうためには、
消化を助ける食物酵素を「生きたまま食べる」ことが望ましいのです。

酵素

なぜ"生で"食べることが重要なのか

私たちが普段食べている食べ物には酵素が含まれています。
特に生の食べ物に酵素は多く含まれています。

食物に含まれている酵素は消化を助けるため、食物由来の酵素を多く採ることで その分体内の酵素の多くが消化のためではなく代謝に使われるようになり、 痩せやすい体質になると言われています。

酵素を多く含む食べ物を食べることは、ダイエット・美容・健康の近道だとされています。
一方、酵素は熱に弱い性質のため、高熱で加工されているものの食品は酵素のほとんどが死滅してしまうのです。
さらに、調理の過程で食塩・植物油も添加されており、食材本来の酵素・栄養素を摂取できない上に、塩分によるむくみやカロリーが増えてしまいます。

酵素だけではなくビタミン類も熱に弱いとされています。
48℃以下の低温での加工の場合なら、酵素やビタミン類など他の栄養素も壊すことなく摂取できます。

そのため、「生で食べること」が重要なのです。

代表的なローフード

生の野菜…アボカド、トマト、ほうれん草、スプラウト、レタス、小松菜など
果物…バナナ、アサイー、イチジクなど
生ナッツ類…生アーモンド、生カシューナッツなど
発酵食品…発酵玄米、納豆など

ローフードの摂取方法

そのまま生で…サラダ、切ってソースと混ぜるなど
搾る、ミキシングする…ソースにする、ジュース、スムージーなど
干す、乾燥する…ドライフード、ドライフルーツ
冷凍する…スイーツ
発酵させる…発酵玄米など

ローフードを始めると何が変わるの?

代謝が進むため体内からキレイになります。
すると様々な嬉しい変化が期待できるのです。
・ダイエット
・肌の若返り
・疲れにくくなる
・免疫力の向上
・便通の改善
・有害物質のデトックス
・不安感が安らぐ    etc

ローフードの普及を目指して

欧米では90年代頃から広がりを始めたローフード。
多くの著名人やセレブが生活に取り入れている事も知られています。
日本でも近年、実践する方が増えてきています。
ダイエットや美肌効果のみならず、超高齢化社会の日本で今、求められているのは健康に過ごせる状態=健康寿命を延ばすこと。
ローフードを正しい知識と方法のもと、気軽に生活に取り入れることで、現代人が抱える様々な悩みを解決していくことが期待できるのです。


ローフード食の実践でより多くの方に より健康で幸せな生活を。


ローフードをより深く学びたい方、
より健康や美容に効果的なローフードの実践方法を学びたい方、
ローフード・スーパーフードの資格を取って仕事に活かしたい方には
日本ローフード協会主催の講座をおススメします
申し込みはこちらから