ローフードとは

ローフードは、加熱処理がされていない生の野菜や果物、ナッツ類などを指す言葉です。
欧米ではすでに90年代頃からセレブを中心に広がり、 いくつものローフード専門店やカフェなどがオープンし話題となりました。
日本では、健康食ブームの火付け役ともなったグリーンスムージーが 芸能人やモデルの間で流行したこともあり、最近ではローフードを実践される方が徐々に増えてきています。
手軽に手に入るローフードには、食物酵素がたっぷりと含まれていることから、 私たちの体にさまざまな嬉しい効果をもたらすと言われています。


酵素の重要性

私たち人間には消化酵素と代謝酵素があります。
消化酵素は、食べたものを消化するため分泌されるアミラーゼやペプシン、リパーゼなどで、 食べたものの栄養を体が吸収しやすい物質に分解する役割を持っています。
代謝酵素は、消化酵素によって体内に吸収されたエネルギーを実際に使うのに使われる酵素で、 体を動かしたり呼吸するなどのほか、肌の新陳代謝は発汗なども、この代謝酵素が担っています。

消化酵素と代謝酵素は、どちらも日々の生命活動に欠かせない酵素であることに変わりありません。
ただし一般的には「消化酵素+代謝酵素=1日に使う量は一定」と言われております。
そのため消化酵素を使えば使うほど代謝酵素は働きません。
代謝酵素が使われないことが続くと、疲れやすくなったり、ぼんやりしたり、 免疫力が低下したり肌の調子が悪くなったりなどの症状が出ることがあります。
また消化酵素は肉や加工食品、乳製品、お菓子などを食べると多く使われますので、 食生活にも気を付けなければ、酵素のバランスが取れなくなることが考えられます。

このことから、全ては「消化」がカギとなります。
消化活動に少量の負担で行うために、注目して頂きたいのが「食物酵素」です。
食物酵素は消化を手助けしてくれますので、その分代謝酵素が十分な働きをしてくれるようになります。

生の野菜や果物の場合、食物酵素があり自己消化するため、体内の消化酵素はあまり必要としません。
そのため代謝酵素が充分に働き、体調改善、便秘解消、ダイエット、美肌、健康と効果が表れる方が多くいらっしゃいます。
これらの理由から生で食べるということがとても重要なのです。